6月2019

ITツールアプリケーション

IT支援事業者ツール

IT支援事業者ツール その1
●通話録音システム 見えてる君

◆電話が鳴ると同時に「誰からの電話か」をパソコンに表示するソフトウェアです。
◆着信表示
電話の着信と同時に、お客様の名前や顧客コードなどの情報を表示します。
電話に出る前に誰からの電話かわかるので、スムーズな対応が可能になります。
◆顧客情報・対応内容管理( 付属ソフトウェア「CTIかんたん受付」 )
電話対応内容を残しておけば「前回電話を受けたときにどんな話をしたのか?」がすぐに判るので、
お得意様の満足度UPにつながります

見えてる君詳細はホームページをご確認ください。
見えてる君資料

1回線用 標準価格 80,000円 アダプタ19,800円 工事費用別途打ち合わせ。

IT支援事業者ツール その2
●多機能電話アプリケーション

在宅業務や出張所、営業マンなど会社の内線電話を外部に接続したい場合に有効なアプリケーションです。

①多機能電話機と同様のプログラマブルキーを搭載
②映像端末とのビデオ通話、会議ができます

「VoIPプッシュ通知」と「Callkit」に対応し、これによりアプリケーションのスリープ状態からの起動や、公衆網(090などアプリケーションを搭載しているスマートフォンが契約している回線契約番号)への着信時も、内線通話を保留する選択などができるため利便性が向上しh、バッテリー消費もおさえれれます。

(1)プログラマブルキー
プログラマブルキー画面
①多機能電話機のボタン表示と同様に表示できます。
 例)着信時に外線ボタン、DILINボタンが点滅し、どの番号に着信しているのか判断できます。
 また、保留されているプログラマブルキーがランプ表示されているため、保留応答も可能です。
②多機能電話機と同様にプログラマブルキーの登録が可能です。
 例)通話録音なども使用することができます。
また、電気錠の解錠操作もスマートフォンで行うことが可能です。

(2)ビデオ通話、会議
会議イメージ
①MFTアプリケーションでビデオ通話が可能です。
②ビデオ会議の場合、最大4者の映像通話が可能となるため、デスクに居ながら他地点とのビデオ会議が可能です。
③カメラドアホンの画像表示、ネットワークカメラの画像確認も可能です。

詳細機能はメーカーページへ